Feature

Feature16
16
Mar 31, 2020

丹沢で、しっぽり名湯巡りツーリング

撮影/阿部昌也 取材・文/佐藤旅宇

 

四季折々の風景も目に楽しいエリア

近年、大人のライダーの間でとくにアツいエリアとなっているのが丹沢周辺。人気の秘密は都心から気軽にアクセスできる距離にありがなら、山あり、森あり、湖あり、ワインディングロードありとバイクツーリングの楽しみが凝縮されているところ。とくに宮ケ瀬湖の湖畔にある鳥居原園地駐車場は関東近郊のライダーが大勢集う一大スポットになっている。週末ともなると、古今東西あらゆる種類のバイクがずらりと並び、ちょっとしたモーターサイクルショーの様相だ。

バイカーに人気の休憩&撮影スポット、鳥居原園地駐車場。

そして何といっても温泉が充実している点も丹沢の魅力。日本百名山のひとつ、大山の麓には江戸時代に開湯したという東丹沢七沢温泉郷が広がっている。もの静かな里山にひなびた温泉旅館が点在する、まさに大人のライダーに相応しい趣のある温泉郷だ。

これから新緑の季節。爽快な気分でツーリングが楽しめそうだ。

今回の記事では、そんな七沢温泉郷の中からおすすめの日帰り温泉二軒をご紹介しよう。豊かな丹沢の自然を存分に走り回った後は、ぜひ温泉で心身共にリフレッシュしてから帰路につきたい。

充実した設備でゆったり過ごせる

1軒目は東丹沢の名湯として知られる「七沢荘」。強アルカリ性のお湯は肌がツルツルになると女性にも人気だとか。敷地が広く、設備やアメニティが整っているので多人数でのツーリングにもぴったり。とくに天然岩をふんだんに使った露天風呂には3つのお風呂が用意され、開放感も抜群だ。ほかに足湯や家族で楽しめる貸切風呂などもある。また、食事処では手の込んだ懐石料理のほか、定食や海鮮丼、蕎麦といった気軽に味わえるメニューも多いのが嬉しい。敷地内には神秘的なパワースポットが多数設けられており、中でもロビーに置かれた大岩「巨大三波岩」の迫力は圧巻。日帰り入浴は朝8時から受け付けているので、早朝から走ってゆっくり温泉に浸かり、昼には家に帰るといったスタイルのツーリングにも対応する。

ロビーに鎮座する「巨大三波岩」。群馬県の神流川の上流で採掘された大岩を運んだという。

広い敷地内には少し不思議なパワースポットが点在。夜には入り口がライトアップされ、隠れ家的な大人のムードになる。

PH9.7という高アルカリ性のお湯は肌にまとわりつくような感触で、美容な傷などに効くとされる。

「七沢荘」
神奈川県厚木市七沢1826
tel.046-248-0236
日帰り入浴/8:00〜21:00
定休日/年中無休
日帰り料金/大人(中学生以上)¥1,000(税抜き)※入浴のみ約2時間程度
https://nanasawasou.jp

昭和の雰囲気を残す「ザ・秘湯」

2軒目は知る人ぞ知る秘湯「かぶと湯温泉 山水楼」。渓流のそばにひっそり佇む一軒宿の温泉だ。「かぶと湯」とは変わった名前だが、これは関東大震災によってかぶとの形をした岩が崩れ、そこから温泉が湧出したことに由来しているという。ここの魅力は風情ある建物と泉質の素晴らしさ。機械動力による汲み上げや循環器等は使用せず、浴槽はもちろん、上がり湯まで自噴した源泉そのままという、現在では貴重な“本物”の掛け流し温泉なのだ。もし時間が許すなら食事付きコースや休憩付きコースを楽しみたい。館内は昭和の雰囲気を色濃く残す大人の空間。客室では定宿で過ごす文豪のような気分が味わえる。また、食事も地元で採れた四季の食材をご主人自ら調理するなど、こだわりを感じさせる。うっかりすると通り過ぎてしまう細い通りの先にあるので初めて訪れる人はご注意を。

鹿のはく製が展示されるロビー。館内に一歩足を踏み入れると空気が「昭和」の世界に一変する。

休憩室として利用できる個室。畳と障子、豊かな緑によって彩られた空間が癒しの時間を提供してくれる。

PH9.7という高アルカリ性のお湯は肌にまとわりつくような感触で、美容な傷などに効くとされる。

「かぶと湯温泉 山水楼」
神奈川県厚木市七沢2062
tel.046-248-0025
日帰り入浴/11:00〜17:00(16:00受付終了)
定休日/火曜日・水曜日
日帰り料金/¥1,000(1時間以内・税抜き)、¥2,500(入湯・個室休憩3時間以内・税抜き)※お食事付きプランもあり
http://www.kabutoyu.com/

大山の天然水で作るこだわりのラーメン

日帰り温泉でくつろいだ後はぜひ美味しいラーメンを。丹沢は言わずと知れた名水の地。「ZUND-BAR」は大山の豊富な天然水をスープに用い、保存料、化学調味料といった化学的なものを一切使用せず、厳選素材にこだわったラーメンが人気だ。おすすめは「柚子塩らーめん」。繊細ながらしっかりとした旨味を感じさせるスープと天然水で練り上げられた自家製麺のバランスが見事な一品だ。炭火の香りが食欲を増幅させる「炙りコロチャーシュー飯」もセットでぜひ。また、マダガスカル産のバニラビーンズを使った特製ソフトクリームも隠れた人気メニュー。こってりとした甘さがツーリングで疲れた体を癒してくれる。麺が選べ、スープもカスタマイズ可、通しで営業しているなど、自由度が高いところもライダーには嬉しい。

「柚子ラーメン」(¥1,080・税込み)と「炙りコロチャーシュー飯」(¥691・税込み)。どちらも丁寧に作られた繊細な味わいだ。

店名の通り、ラーメン屋さんらしからぬバーのようなおしゃれな内観。お昼時はかなり混雑する。

オリジナルのソフトクリームは¥356(税込み)。濃厚でありながらさっぱりとした後味でファン多し。コーンとカップを選択できる。

「ZUND-BAR」
神奈川県厚木市七沢1954-1
tel.046-250-0123
営業時間/11:00〜21:00(平日)、9:00〜21:00(土曜日・日曜日・祝日)
定休日/年中無休
https://afuri.com

 

ブリヂストン「BATTLAX HYPERSPORT S22」はスポーツライドを堪能できるハイパフォーマンスと、急な雨でも不安のない優れたウェット性能を両立した高性能タイヤ。スポーツモデルでのツーリングにまさにぴったり。