Feature

Feature02
02
Apr 2, 2018

スズキ・カタナで阿蘇を駆け抜けるパパライダーのmy Moto_Story

九州のほぼ中央に位置する熊本県阿蘇市。太古の火山活動によって生みだされたダイナミックな地形は北海道と並ぶバイクツーリングの聖地として知られている。
runthehazard.hideさん(以下hideさん)はそんな阿蘇の近くに住むライダーだ。愛車はいまやめっきり見なくなった赤×銀カラーのスズキ・カタナ。写真を見て分かる通り、かなり大掛かりなカスタムが施された一台だ。

「このカタナは約4年前に購入しました。本当はもっと昔から乗りたいと思っていたのですが、長年お世話になっているバイク屋の主人から『お前には絶対合わんからやめておけ』と言われていまして(笑) その人はカタナ乗りだったんですけど、スーパースポーツばかり乗っていた私にクセのある旧車を売ってケガでもされたら敵わないと思ったのでしょう」

カタナの魅力は何と言ってもスタイル。hideさんはそう言い切った。

「現代的なパーツでカスタムしているとはいえ、最新のスポーツマシンと比べてしまうと走行性能はお話にならないレベルです。遅いし、曲がらないし、止まらない。ただ、憧れ続けた末に手に入れたバイクだと、そういう部分もすべてポジティブに受けいれられますよね。惚れたら負けです(笑)」

ツーリングの際はなるべく荷物をバイクに載せない主義だ。カスタムされてもなおカタナのスタイリングは荷物をひとつ括っただけでバランスが損なわれる繊細さが漂っている。Hideさんのカタナに対する深い洞察と愛情がうかがえるこだわりだ。結婚して子供が生まれてからは泊りがけの長距離ツーリングに行く機会はほとんどなくなったものの、阿蘇のワインディングはほぼ毎週走っているという。

「ミルクロードからやまなみハイウェイに抜けるルートがとくに好きです。朝早くに出かけてどこかで一服して昼過ぎには帰ってくる、みたいなパターンが多いですね。再来年、長男が高校生になるので、親子でツーリングに行けるのを楽しみにしているんです」
ホンダファンだという長男が欲しいバイクはクロスカブ。父と違って速く走ることにはまったく興味がないという。いまどきの若者らしい感性だ。

hideさんは阿蘇でのバイクライフを頻繁にInstagramで投稿している。そのきっかけとなったのは2016年4月に発生した熊本地震だ。阿蘇はこの地震によって阿蘇大橋が崩落するなど大きな被害を受け、地域によってはいまもその傷跡が残っている。

「地震で自宅が半壊し、避難生活を余儀なくされていたバイク仲間がいたのですが、その人が地震発生から数日たったある日に『バイクに乗りたい』と言い出したんです。精神的に参ってしまうような厳しい状況にあって、バイクに乗れることは救いでもあったんですね。それで地元のみんなで集まって大観峰まで走りました。そして、まだバイクで走れる道もあることを県外の人に知ってもらうためその様子をInstagramで投稿したんです。当時の報道ではあたかも阿蘇のすべての地域が壊滅的な被害を受けたかのように伝えられていましたから。阿蘇は観光地なので、誤った情報で人が来なくなってしまう状況はなるべく避けたかった」

hideさんらの行動は県内外のライダーからの共感を得て、フォロワーの数も急速に増えたという。
取材を行ったこの日はまだ肌寒く、阿蘇の草原は野焼きを終えたばかり。それでもドライブインの駐車場は国産、輸入車を問わず、様々なジャンルのバイクで一杯だった。すれ違いざまにピースサインを交わすライダーの姿もここでは珍しくない。地震以後も阿蘇はライダーの楽園であり続けている。

hideさんのカタナは前後ホイールをGSX-R1100のものに換装しているため、タイヤサイズがノーマルの19インチ、リア17インチから、前後17インチに変更されている。「これまでの経験から、タイヤの重要性についてはよく理解しています。だからタイヤ交換に関してはコストは惜しまないですね。スリップサインが出ていなくても2年以内には必ず交換するようにしています」

これから夏にかけて、阿蘇の山々は一面緑の大草原へと変わる。バイクがもっともバイクらしく輝くことのできる風景だ。愛するマシンで愛する道を走ることの幸せを、hideさんはこれからも写真を通じて我々に教えてくれることだろう。

あまり荷物を持たないスタイルのため、カメラはキャノンのコンパクトデジタルカメラを愛用。アクションカムを車体に固定し、走行動画を撮影することも多いという。

エンジンはヨシムラ製のカムシャフトを使用している以外は基本的にノーマル。同じくヨシムラのマグネシウム製カムカバーは当時物のレアパーツとして現在は高値で取引されているという。

足周りをはじめかなり大胆なカスタムが施されているが、もちろんすべて改造公認を受けたものだ。

Profile

runthehazard.hide

熊本県在住のライダー。16歳で免許を取得してからいままでに所有したバイクは30台以上。現在の愛車は92年式のスズキGSX1100Sカタナのほか、スズキ DR-Z400SM、カワサキ KDX200SR。職業は自動車整備士。4人兄弟の父でもある。Instagramのアカウント→http://instagram.com/runthehazard.hide

Spot Information

絶景駐車場
絶景駐車場
住所 熊本県阿蘇市西湯浦阿蘇869-2304
交通 熊本空港から県道339号線経由で約45分
その他 近くにドライブインあり