Feature

Feature05
05
Jul 4, 2018

“漁港めし”を探訪! 小田原ツーリングのすすめ

撮影/阿部昌也 取材・文/佐藤旅宇

 

ツーリングの楽しみのひとつであるグルメ。その土地に根付いた料理には気候や伝統、文化、生活といった風土が反映されているもの。食べることで地域への理解や旅情感はいっそう深まる。なによりオートバイで走った後の食事というのは普段以上に美味しい。よく言われるように、全身に風を受けながら走るオートバイは疲労感と引き換えに感受性を増幅してくれる乗り物。車や電車で移動するのと比べ、周囲の風景、そして食べ物がいっそう鮮烈なものとして感じられるのだ。

魅力的なグルメは日本全国に存在するが、なかでも漁港の周辺はとくに多い。魚食は島国に住む日本人にとって欠かせない食文化であり、それをもっとも新鮮に、美味しく食べることのできる場所が漁港なのである。

関東有数のワインディングロードである箱根のすぐ近くには神奈川県西部で最大の魚市場をもつ小田原漁港がある。漁港の前に広がる相模湾は、富山湾、駿河湾と並ぶ日本三大深湾として知られる。魚の餌となるプラクトンが豊富に含まれ、暖かい黒潮の影響もあって約1600種という膨大な数の魚が生息しているという。神奈川県西部では最大の魚市場だ。小田原漁港の周辺には新鮮な海鮮料理が食べられるお店が軒を連ねているほか、オートバイも止められる大型駐車場も完備。まさにグルメとオートバイを満喫するにはうってつけの場所といえる。これから夏にかけてはイサキやゴマサバのシーズン。ぜひここでしか味わえない“漁港めし”をオートバイで訪れて確かめてもらいたい。

「魚市場食堂」
小田原市早川1-10-1
tel. 0465-23-3818
営業時間/10:00~15:00
定休日/魚市場休日に準ずる

「魚市場食堂」は、名前の通り魚市場の2階で営業している食堂。新鮮な海の幸をふんだんに使った刺身やフライ、干物、煮付けなど、メニューが豊富なことに加え、価格も比較的リーズナブル。開店前から行列ができるほどの人気店なので、ゆっくり食べたい人はお昼時を外して来店するのがおすすめ。

「小田原どん」¥1,750
一日限定15食のみ提供される魚市場食堂の看板メニュー。相模湾で獲れた地魚をこれでもかと詰め込んだ贅沢な一品。魚の種類は日によって異なるが、今回の取材時にはマトウダイやイサキ、シロダイ、ホウボウ、アジ、アオリイカ、ホタテの刺身が盛られていた。アジのつみれ汁付き。

「漁師めし食堂」
神奈川県小田原市早川1-4-8
tel. 0465-24-0056 
営業時間/10:00~16:00(平日)  10:00~17:00(土日、祝日)
定休日/年中無休

魚市場の場外にある食堂がこちら。2015年にオープンした新しいお店だが、新鮮な地魚を使った豪快な漁師料理が観光客に人気となっている。席数が多く、マスツーリングのランチスポットとしても利用しやすい。

「豪快漁師のかき揚げ丼」¥1,680
そびえ立つかき揚げがインパクト抜群。イカ、エビ、長ねぎ、玉ねぎをふんだんに使用したかぎ揚げは衣が薄くサクサクと軽やかな食感のため、最後まで飽きずに食べきることができる。

「アジづくし定食」¥1,580
小田原の地魚として親しまれているアジを刺身とフライで満喫できる定食がこちら。鮮度の良いアジは刺身はもちろんのこと、フライであっても歴然と味が違う。ふっくらとした身は旨味が強くごはんが進む。

「海鮮漁師丼」¥1,580
地魚の刺身が美しく盛り付けられた人気の丼物。刺身の内容はその日の仕入れ状況によって変わる。取材当日の丼にはメジナ、マダイ、マグロ、シラス、イクラが盛られていた。

「小田原場外市場 港の台所 なみ」
神奈川県小田原市 早川1丁目6-10小田原水産会館 2F
tel. 0465-87-5584
営業時間/9:00~18:30(平日)  8:00~19:30(土曜日) 7:00〜19:30(日曜日、祝日)
定休日/木曜日(祝日の場合は営業)

小田原魚市場のすぐ近くにある小田原水産会館の2階にある食堂が「なみ」。水揚げされたばかりの地魚を使ったメニューは刺身や煮付けといった定番から海鮮カレーや冷や汁といった変わり種まで豊富に用意されている。

「オシツケの西京焼き」¥980
小田原では通年にわたりオシツケ(アブラボウズ)を食べられるが、西京焼きにして提供しているのはこちらだけだとか。焼くことで余分な脂が溶け落ち、甘めの味噌と絡まることで濃厚な味が楽しめる。オシツケを使った料理は他に「あら煮」(¥1,180)やオシツケ刺身の付いた「なみ海鮮丼」(¥1,680)などがある。

「あじ麺」¥880
地元のアジをたっぷりと使用した冷や汁にうどんをつけていただく、これからの時期にぴったりなメニュー。うどんはごはんに変更することも可能。冷や汁は冷凍されたものをお土産として買って帰ることもできる。

280円のご飯セットはセルフサービスでサバ御飯、イサキ御飯、海藻御飯、白米など4種類のごはんが食べ放題になるお得なメニュー(日によって内容に変更あり)。ライダーにも人気だ。

小田原には海だけではなく緑豊かな山地も多い。豊臣秀吉が小田原合戦の際に本営とした城の跡地「石垣山一夜城」へと至る道は市街を一望できる絶景スポット。

ブリヂストンの「BATTLAX BT-45」は市街地や高速道路、ワインディングといった幅広いシチュエーションを楽しく走行できる優れたトータルバランスをもつ。振動吸収性が高く、長距離走行時における疲労感の少なさがとくに印象的だった。

Profile

Tire Information

BATTLAX BT-45
BATTLAX BT-45

ユーザーニーズに合致したトータル性能の高さでロングセールスを誇るツーリングバイアスタイヤ

商品詳細