Feature

Feature12
12
Dec 27, 2017

スタイリッシュにバイクを乗りこなす冬コーデを、人気ブランドスタッフが指南

撮影/阿部昌也(モトーリモーダ銀座、マックスフリッツ本店)、
大関 敦(クシタニ パフォーマンスストア横浜)
取材・文/佐藤旅宇

 

オートバイが日進月歩の進化を遂げているのと同じように、ライディングウェアもまた進化している。その進化の大きなベクトルのひとつがファッション性の向上である。オートバイのメインユーザーが若者から大人へと移り変わって行く中で、ライディングウェアとして求められる安全性や対候性、動きやすさを満たしつつ、普段使いにも対応できるスタイリッシュな製品が増えているのだ。
今回のMOTO-BRIDGEでは、大人のライダーのお眼鏡にかなう魅力的なウェアを数多く揃える3つのショップを訪ね、おすすめのコーディネートを提案してもらった。
※製品価格はすべて税抜き

欧州ブランドを中心に大人のモーターライフを提案

モトーリモーダ銀座
東京都中央区銀座8-16-6-1F tel. 03-6226-2515
営業時間/11:00~20:00 定休日/年末年始 バイク駐輪場あり
www.motorimoda.com/

モトーリモーダ銀座はスタイリッシュなヨーロッパブランドを中心に世界中の二輪&四輪向けウェア、用品、アクセサリーなどを揃えるショップである。といってもただのセレクトショップとは異なり、ほとんどの商品はモトーリモーダ自体が正規輸入元として販売を行っているところが大きな特徴だ。大手量販店ではまずお目にかかれないレアなアイテムも多く、美しく陳列された商品を見て回るだけで気分が高揚する空間となっている。
「私どもはお客様に2(バイク)+4(クルマ)のある六輪生活を楽しんでいただくため、商品だけにとどまらず、ライフスタイルのご提案もできればと思っているんです。そのためモーター系の一般アパレルやアクセサリー、雑貨など、日常的に愛用できる商品も豊富に取り揃えています。ぜひお気軽にご来店ください」(モトーリモーダ銀座ショップマネージャー 浜口一輝氏)

モトーリモーダ銀座 ショップマネージャー 浜口一輝 氏

近年は意外にもハーレーに乗っているお客さんも多いとのこと。ヨーロッパでのカスタムシーンが人気となっていることを受けて、ウェアもヨーロッパブランドのものを合わせる人が増えているのだとか。そんなモトーリモーダ銀座には「アーバン」をテーマにしたコーディネートを提案いただいた。都市部にあるお気に入りのカフェまでさっと走り、そのままの服装でくつろぐ。そんなカジュアルなライドを想定したコーディネートだ。

ジャケット:エル・ソリタリオ/クラーケン レザージャケット ¥160,000

エル・ソリタリオはカスタムビルダーでありながらオリジナルのアパレルも展開するスペインのブランド。こちらはオーソドックスなスタイルのシングルカラージャケットだが、一般的なクロム鞣しではなく、手間のかかる植物タンニン鞣しの牛革を採用。自社の工房で手作りされるこだわり抜いた一着だ。

裏地は保温性に優れる中綿入りのキルティング仕様となっている。

インナー:エル・ソリタリオ/エル・ソリタリオ ロング・ジョン ¥22,000

秋冬のライドに重宝するコットン製のアンダーウェア。ロングスリーブのシャツとロングレッグのタイツがセットになっている。

パンツ:エル・ソリタリオ/ES-1 セルヴィッジ デニムパンツ ¥33,000

イタリア・ミラノの13オンスセルヴィッチデニム生地を用いた5ポケットパンツ。太もも部分にゆとりをもたせ、足首に向かって細くなるテーパードシルエットを採用する。ウオッシュ加工はされておらず、いわゆる生デニムとなっている。

旧式のシャトル織機で時間をかけて織られるセルヴィッチデニムは耐久性が高く、凹凸感のある独特の風合いが魅力。ロールアップして履けば「赤耳」がアクセントに。

シューズ:ヘルストン/メッセンジャー ¥46,000

フランス発のモーターサイクルアパレルブランド、ヘルストンのライディングブーツ。柔らかく、目が細やかなカーフレザーを採用し、両つま先にシフトガード、くるぶし部分にはパッドを備える。

グローブ:ヘルストン/スピード グローブ ¥12,000

人差し指、中指と手のひらをビンテージ感溢れるホワイトカラーにペイントしたグローブ。表皮は牛革を用い、拳部分にはハードプロテクターを内蔵している。

レザーのホルダーが付属しており、ベルトループやバッグなどに引っかけて携帯することが可能。

 

ジャケット:ヘルストン/スタッフ ジャケット ¥48,000

一見、スタイリッシュなダウンパーカーのようだが、取り外し可能なプロテクターを肩、肘、背に標準装備。生地に耐水性シートをラミネートして少々の雨も防げるなど、ライディングウェアとしてしっかりと作り込まれている。

肩と肘の部分にはレザーがあしらわれる。ボア付きのフードは取り外すことも可能だ。

インナー:56デザイン/カフェレーサーカップ ロングスリーブT ¥7,600

56デザインは元GPレーサー、中野真矢が「life with motorcycles」をコンセプトに立ちあげたブランド。ストレッチの効いた着心地良い長袖Tシャツはカフェレーサーの手描き風イラストがアクセント。

パンツ:56デザイン/56DESIGN×EDWIN 056ライダージーンズ WILD FIRE(ダメージウォッシュド) ¥16,500

EDWINとのコラボレーションによって誕生した高機能デニム。通常の20倍以上の摩擦強度を誇るコーデュラ® デニムファブリックを用いるほか、起毛裏地と防風フィルムによって優れた保温性を確保。快適にライディングポジションがとれるよう立体裁断を採用する。ニープロテクターを装着できるポケットも装備。ステッチはレッド、グリーンの2色。表地もワンウォッシュとダメージウォッシュ加工の2種がラインナップされる

シューズ:スティルマーティン/サンセット エヴォ ¥26,000

スティルマーティンは1979年にイタリアンで創業したモーターサイクル向けブーツメーカー。90年代には名だたるGPレーサーのスポンサードも行っており、現在はモータースポーツシーンで培った技術をフィードバックした製品を送り出している。こちらは防水性ファブリックを採用したライディングスニーカー。くるぶし部分にプロテクターを装備するほか、つま先にシフトガードとしての補強も施されている。

レザーやラバーソールもイタリア製というこだわりの一足。エイジング風の加工が施されたルックスは普段着との相性も良し。シューレースは写真のブラック×蛍光イエローのほか、ホワイトベースのものも付属する。

グローブ:スピーディ/レンジャー LT ¥12,800

イタリアのグローブメーカー、スピーディはレースシーンでの活躍が知られているが、こうしたカジュアルなアイテムもラインナップ。柔らかくて丈夫なゴートスキン製で、拳や手のひら部分にプロテクターを装備する。

 

トラッドでありながら機能的。職人がつくるバイク服

マックスフリッツ本店
東京都葛飾区宝町1-1-21 tel. 03-5671-6335
営業時間/11:00~19:00 定休日/水曜日 バイク駐輪場あり
https://maxfritz.jp/

マックスフリッツは「バイク乗りの普段着」をコンセプトに掲げるバイクウェアブランド。創業は2000年。機能とファッション性の両立という現在のバイクウェアの潮流を先導したパイオニアでもある。マックスフリッツ製品の大きな特徴は代表の佐藤義幸さんが企画からデザイン、パターン(型紙)の制作、製品テストまですべて自身で手掛けていることである。
「当時は日常的に着れるバイクウェアはなかったですからね。だから自分で作ろうとブランドを立ち上げたんです」(マックスフリッツ代表 佐藤義幸 氏)
佐藤さんは服作りの職人であると同時に国内外のツーリングや旧車レース、オフロードライディングなども嗜む、いわばバイク遊びの達人でもある。そうした自身の経験をもとに作られるウェアはフィロソフィーが徹底され、トラディショナルなデザインをベースとしつつ、他のブランドとはひと味違った個性的なディテールをもつ。今年9月には本店を18年間営業した目黒区から葛飾区に移転。東京ベイ店と合併したことで店舗面積が拡大し、店内でコーヒーを飲みながらくつろげるスペースも設置された。

マックスフリッツ代表 佐藤義幸 氏

 

 

マックスフリッツの名はBMW製モーターサイクルの象徴として現在も用いられる水平対向二気筒&シャフトドライブというメカニズムを開発したエンジニアの名に由来したもの。時間の経過をものともしない普遍性を備えるのはマックスフリッツのウェアも同じだ。そこで、今回はクラシックなモーターサイクルにも似合うコーディネートを提案してもらった。

ジャケット:マックスフリッツ/マッキーノライドジャケット ¥47,000

バッファローチェックの生地は高密度のヘビーメルトンを採用。表地と裏地の間には中綿と透湿、防水、防風フィルムをサンドした4層構造となっており、高い保温性を実現している。肩と肘のウオッシャブルレザーがアクセント。裾からの風の進入をシャットアウトするウインドシャッターも装備。

背面には外したグローブなどを収納できるポケットも備えている。

パンツ:マックスフリッツ/ウォームカーゴパンツ ¥21,000

真冬のツーリングもスマートな服装で愉しめるよう作られたライディングパンツ。表地にストレッチコットン、裏地は中綿のキルティングを採用する。4層構造によって優れた防寒、防風性を確保している。裾からの冷風の進入を防ぐウインドシャッター付き。

膝の部分にはプロテクターを内蔵するためのポケットが備わる。こうしたウインターパンツは寒い冬でもオーバーパンツを履かずにスタイリッシュにツーリングを楽しみたいという佐藤さんの信念から生まれたものだ。

シューズ:マックスフリッツ/ダブルチェンジパッドブーツ4 ¥44,000

外羽根式のモンキーブーツをライダー向けにアレンジ。オイルドレザーを堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法によって仕立てられている。旧い英国車のような右チェンジの車両にも対応するため左右両方のつま先にチェンジパッドが装備されている。

重厚なつくりが印象的なブーツだが、サイドジップが採用されているため脱ぎ履きはしやすい。

 

ジャケット:マックスフリッツ/ブリティッシュウィンタージャケット ¥46,000

バブアーやベルスタッフといった古典的なブリティッシュジャケットをモチーフにしつつ、日本の冬にも耐えられる防寒性が与えられた一品。中綿に透湿防水防風フィルムをラミネートした4層構造を採用するほか、表地のコットンにはオイルコーティングも施されている。背中、肩、肘にはフェルト製のパッドを装備する。

ベルトの長さが両側から調整できるようになっており、体型に関わらずスマートに着こなすことができる。

裾には風の侵入を防ぐウィンドシャッターも付く。

パンツ:マックスフリッツ/ダブルニーウォームパンツ ¥22,000

近年流行のネオレトロなバイクとも相性がいいデニムパンツをウインター用に仕立てたモデル。透湿防水防風フィルム、中綿、裏地の4層構造に加え、裾に部分にはウインドシャッターも装備し、高い保温性を確保する。膝の部分には別売りのプロテクターが装着できる。

シューズ:マックスフリッツ/メダリオンライドブーツ ¥48,000

つま先部分にメダリオン(小さな穴を開けた装飾)が施されたドレッシーなライディングブーツ。上質なオイルドレザーを登山靴にも用いられるグッドイヤーウェルテッド製法で仕立てている。

 

伝統の職人技術は今も昔も多くのライダーを魅了

クシタニ パフォーマンスストア横浜
神奈川県横浜市中区新港1-3-1 tel.  045-323-9682 
営業時間/11:00~20:00 定休日/無休 バイク駐輪場あり
http://www.kushitani.co.jp/
http://www.kushitani.co.jp/yokohama

クシタニは昨年で創業70周年を迎えた老舗のバイクウェアブランドである。小さな皮革製品の販売店として創業し、日本のモータリゼーション黎明期である1950~60年代から二輪レース用のレザースーツを生産。以来、バイクウェアのために原皮から選定するなど、徹底した製品へのこだわりと優れた品質が認められ、国内のみならず海外のライダーからも高い評価を得てきた。現在はグローブやブーツ、ジャケットやパンツ、テキスタイルウェアなど幅広い商品展開を行っているが、素材から吟味したクラフトマンシップ溢れるものづくりは創業当時から変わっていない。今も昔もクシタニはライダー憧れの一流ブランドなのだ。
そんなクシタニが数年前から展開しているのが「パフォーマンスストア」という新しい形態の店舗である。郊外の路面店が中心だったクシタニ プロショップとは異なり、ライダー以外の人も多く訪れる立地に出店しているのが特徴だ。

「バイクって実物に触れるきっかけがなければ中々始めにくい趣味だと思うんです。クシタニ パフォーマンスストアはより多くの方にバイクを知ってもらうためのアプローチができればと始めたものです。実際にこちらに訪れたことがきっかけで二輪免許を取得されたお客様もいらっしゃいますよ」(クシタニ広報部 櫛谷信夫氏)

日本のバイク文化全体を見渡すマクロな視点にリーディングカンパニーとしての強い自負を感じる。ちなみにクシタニ パフォーマンスストア横浜があるのはみなとみらい新光地区のMARINE & WALK YOKOHAMAというショッピングモール。近隣には無料のバイク駐輪場があり、百貨店のように館内を通ることなく店舗にアクセスできるため、バイクでも訪れやすい。

クシタニ広報部 櫛谷信夫氏

「クシタニというのは高機能ウェアを作るメーカーとして成長してきました。現在はその伝統の技術をアウトドア遊びなど、もう少し日常的なシーンでも使えるアイテムに落とし込んだ商品も多く作っています。またこちらの店舗ではバイクウェア以外にもレザースーツの素材を使ったウォレットやペンケースといった小物も販売しているのでぜひご覧いただきたいですね」

こちらでは「スポーツ」をテーマに、動きやすく快適性の高いウェアを中心に提案してもらった。スーパースポーツやツアラー、ビッグアドベンチャーなどのマシンを駆り、一日で5∼600㎞を移動する、そんなタフな用途にも耐えるコーディネートだ。

 

ジャケット:クシタニ/K-2680 アキュートジャケット ¥45,000

防水透湿素材を運動性の高いパターンで仕立てたウインタージャケット。肌に当たる襟先はソフトな素材を用いるなど、長時間のライドでも快適に着られるのが特徴。着脱式の防寒インナーを採用しているため、幅広いシチュエーションに対応できる。肘や肩、脊椎、胸部プロテクターの装着も可能。

着脱式の防寒インナーは保温性の高いダウンライクを使用したもの。シンプルなデザインなので普段着として着ることもできる。

パンツ:クシタニ/EX-1216エクスプローラージーンズ ¥56,000

防風性、透湿性そして耐久性に優れる天然皮革をジーンズ風に仕立てたパンツ。フッ素加工を施すことで高い撥水性を実現しており、少々の雨に降られても快適なまま走ることができる。また家庭で丸洗いすることも可能だ。シルエットはウエストとヒップにゆとりを持たせたテーパードタイプ。別売りで膝プロテクターも用意されている。

ステア牛革にフッ素を浸透・結合させることで革本来の長所を損なうことなく優れた撥水性を実現したクシタニ独自の素材だ。

シューズ:クシタニ/K-600ZコンフォートブーツⅡ ¥38,000

フッ素加工を施したホルス牛革を用いることで優れた撥水性を実現したブーツ。足首のアクションシャーリング部に薄いフィルムを内蔵することで水の浸入を抑えている。ふくらはぎ部をベルクロ式とすることでイージーにサイズの調整が行える。

グローブ:クシタニ/K-5579 GP-ゼストウインターグローブ ¥18,500

撥水牛革と合成皮革、人工皮革を部位に応じて使い分けることで運動性を追求したウインターグローブ。人差し指と親指の指先部分にはスマートフォン対応の電導皮革を採用する。

ジャケット:クシタニ/K-2679アロフトショートジャケット ¥55,000

高い透湿防水性をもつナイロンと脱着式インナーによって3シーズン、オールウェザーに対応したジャケット。前傾姿勢を取りやすいショート丈なのでスーパースポーツのようなバイクとも相性がいい。裾からの冷風の進入を防ぐストームガードも装備する。もちろん肘や肩、脊椎、胸部プロテクターの装着も可能だ。

腕の部分には開放することでジャケット内の圧力を高め、内部の湿気を外へと逃がすベンチレーションも装備する。

防寒インナーの中綿にはダウンとフェザーを採用。普段の防寒着としても使い回せる仕様。

表地には他社のバイクウェアではほとんど用いられることのないヘリンボーン柄があしらわれる。バイクウェア用に素材から手掛けるクシタニ製品ならではのディテールだ。

パンツ:クシタニ/K-2684 アロフトパンツ ¥42,000

着脱式の防寒インナーを備えるウインターパンツ。表地には透湿防水素材を使っており、あらゆるシチュエーションに対応する。内股の部分には滑り止めのレザーを配し、膝にはプロテクターが標準装備される。

防寒インナーはファスナーで着脱が可能。3シーズン用パンツとして使うことができる。

シューズ:クシタニ/K-4532Z ネオブーツ ¥40,000

フッ素加工を施した撥水牛革とナイロンオックスで仕立てられたツーリングブーツ。ソールには登山靴で知られるビブラム社の「ADVENTURE TRAVEL」を用い耐摩耗性とグリップを実現。踵やチェンジパッド部にはTPRプロテクター、脛部とくるぶし部には硬質ウレタンスポンジが採用されている。

グローブ:クシタニ/K-5578 アウトドライ®ブラストグローブ ¥18,000

軽量かつしなやかな透湿防水素材「OutDry®テクノロジー」を採用したグローブ。手首の部分には片手で操作できるドローコードを配し、冷風をシャットアウト。人差し指と親指の指先部分にはスマートフォン対応の電導皮革が採用されている。

Profile